スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

丹波の医療について

http://tsyosh.cocolog-nifty.com/blog/2008/06/post_b5ec.html

丹波の中ではなく

外から

丹波の医療を客観的にみて頂いてます。



スポンサーサイト

しまった!!

6/24は
柏原病院の食堂で定例会が行われました。

初めて食堂に入るので
デジカメを持って行こうと思っていたのに
忘れてしまいました。
残念。

では今回も定例会の報告を行います。


Tamba en女医joy club
面白い名前ですね。
柏原病院のお医者さんの奥様が命名されました。
小児科には女医さんが多いらしいです。
妊娠されても激務のため
お辛い思いをされている女医さんがいらっしゃるそうです。

女医ってクラブの名前になってますが、
男性医師も家庭のことをしながら働ける職場環境にしようと
考えて設立されたそうです。

男女問わず思いやりのある職場で働けるように・・・。

うかがった内容は
私も「なるほど!!」と納得できるものでした。

女医さんだけでなく
看護師さんなど、他のスタッフの方たちもあれば便利だろうなというものです。

特に、
コンビニです。

柏原病院から最寄のコンビにまで車で数分かもしれませんが、

急に泊まることになった状況で
病院を出るのはなかなか難しいでしょう。
駐車場も暗いので怖いとおっしゃってました。
本当に
暗いですよね。


しかし、院内のコンビニ設立はなかなか難しいそうです。

少し意見が出てたのですが、
ここのところを市民でお手伝いできないでしょうか?


次に
出産・育児について

妊娠中の通勤環境をバックアップ。
遠くから通われている女医さんは
ご主人のこともあるので近くまで引っ越せません。
そこで最寄り駅までの送迎があればうれしいそうです。

育児については
院内、もしくは近くに保育園があれば・・・

また時間も通常より遅い&日曜などもみてもらえると
病院で働きやすいそうです。


女医さんになる方が昔に比べて
多くなっているらしいので、
女医さんの働きやすい病院をみんなで考えると
お医者さんにも住民にもやさしい病院になるのではないでしょうか?

今、女医さんが勤務先を決めるキーワードは
ワークシェアリング導入済み!
託児所完備(院内・院外含む)!
勤務形態選べます!

ワークシェアリングとは
複数のお医者さんで診療を行い、
平日にも融通がきいたり
外来のみ担当、病棟のみ担当などと
仕事を分担するシステムです。


ATMもあれば便利とおっしゃってました。
そこで一つアドバイスが出ました。
銀行や信用金庫の人は職場にも来てくださる!!

よいシステムを作っていただいて
ありがとうございます♪

病院のスタッフの方や
守る会の会長さんや
丹医ネットの里先生などがご出演の
ムービー製作中です。


丹医ネットの一大活動の
「今ここであなたが倒れたら」
あと少しの編集らしいです。
7/5はダイジェストだけかもしれませんが
放映予定です。
多数のお越しをお待ちしております。

守る会で言われている
コンビニ受診をなくそう
これは、しんどいのに受診を控えようというのではなく、
軽症なら時間外ではなく、時間内に受診しようという
提案です。

夜中に子どもが発熱。
明日、会社があるから
夜間救急にかかれば、
休まないでいいわ。

ではなく、
様子をみれそうなら翌日の受診時間内に
連れて行ってあげてほしい。

そういうことを伝えています。


以上、6/24の報告です。

今日、ある勉強会で
講師の先生がおっしゃった言葉で
心に残ったものを書いておきます。

待っていたらダメだ。動かなければいけない。

6/17とうとう・・・

使用していたノートが終わりました。
約160ページぎっしり書けました。
メモ用ノート

毎回の白熱会議。
みなさま、ご苦労様です。

今回の定例会は

公立豊岡病院で行われた
小児救急シンポジウムの報告をしていただきました。

2008.6.19の丹波新聞に掲載されてます。
(我が家は1日前に配達されるので現時点ですでに読んでしまいました。)

因果応報ってことばがありますが、
お医者さんに対して優しい気持ちをもてたら
そこの住民も円滑な医療が受けられる。
お医者さんに対して負の気持ちで接したら
自分たちにも不都合な状況に追い込まれるのでしょう。

今回の定例会では
市民の行動だけではどうにもならない
というご意見がありました。

その通りだと思います。
優しい気持ちで接しても
大学などの事情でお医者さんが立ち去られることもあるでしょう。
でも、その行動は
全く無駄ではないはずです。

丹波医療再生ネットワークの
重要な活動内容

人と人をつなぐ架け橋

・医師と医師

・医師と市民

・医師と地域医療従事者

講演を聞いていただいた方に感じていただけるとうれしいのですが、

以前より

お医者さんが身近に感じられますよね?



7/5 ゆめタウンの横
ポップアップホールで

13:30~16:30
『SickO』上映です。

13:30~14:15は丹波医療再生ネットワークの講演
14:30~16:30 上映

以上の予定です。

どうぞ、みなさま
お誘い合わせの上お越しくださいませ。

次回は、柏原病院内で
現在病院で働いていらっしゃる女医さんに
働きやすい環境など
お話をうかがう予定です。

6/3の報告

もうすぐ
定例会のメモをとっているノートが終わります。

2008年1月から
約20回分の記録です。


最近、字をゆっくり書く事ができなくなってます。


定例会は毎週おこなわれてます。

前者のDPDという会を含めて

7月になると1年参加させていただいてます。

1年間、ほぼ毎週
メモをとっていると、手の動きも変わってしまいました。
続けるって恐るべし。


と、話がはずれたので
本題にいきます。

西脇市では活動的な開業医の先生が
声をかけて市民20名ほどを集められました。
その市民と医師と6月中旬に交流を持たれるそうです。


救急で、脳外科にかからなくても大丈夫そうな症状でも
頭に対する訴えがあると
西脇市民病院に搬送される事が多いそうです。
脳外科にかからなくてはいけない人が
受診できるように
救急の仕組みを見直されたそうです。


講演内容を和久医院の先生が発表してくださいました。

多くの人に聞いていただきたい内容です。

「人生には解決法なんてない。ただ進んで行くエネルギーがあるばかりだ。」

命とは何?
→使える時間のこと。

大人になる事とは?
→人のための時間が多くなること。

医療とは?
→命を守ること。

医師の平均寿命68歳。

兵庫県内の20代産科医0人。



正確な情報を仕入れて判断をして下さい。

地域を守るためしっかり考えて投票をしましょう。

地域を自分たちで作ろう。
私はできない・・・ではなく、
できる何かを。


そして
今回も話されました。

信頼関係。

とても重要です。

しかし
一朝一夕できずけるものではありません。

そしてスタートしなければ
きずけません。

こちらに力を注いでくださる先生もいらっしゃいます。



今日の感動

バレーボール全日本男子

16年ぶりに
オリンピック出場決定しました。

セッターの
朝長選手に対する
解説者のコメントより。

「才能がある選手では
ありません。
しかし、
心を込めてトスをあげる、
そうした心使いで
ここまで
きました。」

植田監督の
ゴッツ(石島)選手に対する叱咤。
「心がない者は絶対に通用しない」


スポーツという
技術や才能があふれる世界でも
心が非常に重要な要素なんですね。

心を大切にできた
全日本は
オリンピックへ行けます。

医療とは関係ないのですが、
丹医ネットで
教えてもらった
何かに通じる気がしたのと
あまりにも
うれしかったので
書いてしまいました(*^_^*)

完成予定

「今あなたがここで倒れたら」

映画が6/20に完成するらしいです。

5/27の定例会

5月に2~3回、柏原病院内で定例会を行わせていただきました。

いらっしゃった職員さんたち、みなさんが考えていただいた

活動内容を実行していただいて、経過報告をしてくださる時に

再び院内で定例会を行わせてほしいですと、

意見が出ておりました。

その時は前回ご参加できなかった職員の方々も

一度覗いて下さいね。


県立柏原病院再生対策本部設置について

6/2に第1回会議をされるそうです。




丹波新聞の広告欄に6月から

外来診療のお知らせが載ります。

柏原病院においては

内科と小児科では紹介予約制ですが、

他の科では診療可能な○がついてます。

このような情報を参考にしていただいて

必要な受診をしてください。



篠山病院の存続

10年間の存続が決定。




丹波市の医療を円滑に行うために

人と人とのつながりを

強固にしなければいけないと

毎回のように話題にのぼります。

いつも参加してくださる、開業医の先生の一言。

情報を共有してみんなで同じ立場に立つ事が必要。



講演を行ったことにより

市民のみなさんにしっかり伝えていきたい事。

それは

医療の制度を元に戻す事が必要なのではなく、

医師にも人権があり、

医師側からも患者側からも

無理のない医療を心がけていかなければいけない事。

みなさま、情報をキャッチできるアンテナを上げていてください。
プロフィール

Author:丹波医療再生ネットワークメンバー

カレンダー
04 | 2008/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
お知らせ
コメント掲載を認証制とさせていただいてます。 掲載までに時間がかかる場合があります。 ご了承ください。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のエントリ
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。