スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子どもの急な発熱の仕組み―お母さんあわてずに

原稿執筆  和久医院  院長 和久晋三


小さな子どもはよく熱を出します。

しかし熱が出ることは決して悪いことばかりではありません。

つまり熱も必要があって出るからです。


ウイルスや細菌が体内に入ると体はそれを外敵とみなし排除しようとします。

これを免疫といいますが熱が出ることも大切な免疫の一つです。

リンパ球やマクロファージといった体の中の兵隊さん達も頑張るのですが、

それだけでは間に合わない場合もあります。

そんな時、体は熱を出すことによって悪者を退治しようとします。

実はウイルスや細菌は熱に弱いので、熱が高くなると逃げ出してしまうというわけです。

よく38.5度以上になると坐薬で熱を下げるといいます。

しかし元気であれば下手に熱を下げない方が

ウイルスや細菌を早く退治できる場合もあります。


ただし水分はしっかりと取り、頭などは冷やしておくことも大切です。

特に生後3ヶ月以下の乳児の発熱の場合には早めの受診をおすすめします。


またぐったりして元気がない、

あるいは熱性けいれんなどの持病がある子どもさんは、

かかりつけ医の指示通りに解熱剤や抗けいれん剤等を使用し、

改善が見られないようであれば早めに診察を受けましょう。



さて、大人も含め熱が出る前になぜ寒気がするのでしょうか?

簡単にご説明します。

ウイルスや細菌が体に入ると「このウイルスには39度の熱を出せ!」と

脳が指令を出します。

しかし一瞬にして熱は上がりません。

この時、体温が仮に36度だとすると脳が指令を出した39度とは3度の差があります。

脳は自分が思っている温度より体の方が3度寒いと感じます。

このため脳は筋肉をブルブルと震えさせ熱を上げようとします。

これが寒気と震えの正体です。


やがて39度まで上がると、脳は寒気を感じなくなり、この時じわっと汗が出ます。

このタイミングで布団を薄くしたり薄着をさせたりして体温が上がり過ぎないようにします。

厚着のままでいるとどんどん熱が上がってしまい、

かえって悪い環境を作ってしまうからです。



熱はありふれた症状ですが発熱の仕組みをよく知り、

あわてずに上手に付き合うことを心がけましょう。
スポンサーサイト

とびひ

皮膚の病気で夏に多い物の一つに「とびひ」という病気があります。

大人にも時に認められますが、ほとんどが、お子さんに起こります。

身体の色んな所に様々なサイズの水ぶくれができ、徐々に大きくなってやぶれてジュクジュクしてきます。

ジュクジュクした部分にかさぶたが見られる時もあります。

かゆみがある時が多く、時に身体を動かすだけで痛みが出る事もあります。



「とびひ」は、専門的には、「伝染性膿痂疹」(でんせんせいのうかしん)といい、「伝染」つまり、うつっていく病気です。

ジュクジュクになった部分が、他の皮膚に触れたり、その液がついたりして広がり、お友達や兄弟にうつったりするので「飛び火」と呼ばれます。



「とびひ」は、目に見えないばい菌が原因です。

ばい菌は、虫さされの所や汚れた傷を見つけて入り込み仲間を増やして「とびひ」になります。



もともと皮膚に湿疹のある人や虫さされ、ケガ等で、皮膚に傷のある時には、「とびひ」になりやすいので、早めに治療しましょぅ。

ばい菌が増えないようにする為にも、てを洗う習慣を付けましょう。

かきむしって、小さな傷を作らないようにツメを切っておきましょう。

鼻の穴には、ばい菌が住んでいる事が多いので、鼻に指を入れないようにしてね。

肌を綺麗にしておく事も大事な事です。

石けんをよく泡だてて、ツメを立てないようにこすらないで優しく洗って下さい。



「とびひ」は、怖い病気ではありませんが、熱が出たり、皮膚以外に病気が広がる事もありますので、傷が治りにくかったり、ジュクジュクした皮膚の変化が広がったりした時には、早めにお医者さんを受診し適切な治療を受けましょう。

里 博文

プロフィール

Author:丹波医療再生ネットワークメンバー

カレンダー
12 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
お知らせ
コメント掲載を認証制とさせていただいてます。 掲載までに時間がかかる場合があります。 ご了承ください。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のエントリ
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。