スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4月12日 今、丹波の医療が危ない 講演会

ふくろうです。



4月12日に丹波医療再生ネットと丹波町づくりプロジェクトの皆さんとで、講演会を開催させて頂きました。


「今、丹波の医療が危ない」と題して、柏原公民館の2階A1.2.3室を使わせてもらって開催致しました。

午後2時より準備をして頂き、午後3時より開催致しました。

参加人数は、90名ほどで、丹波市のみならず、神戸市、三木市の方にもご参加いただきました。

受付とお茶等の係を「柏原病院小児科を守る会」の皆さんにお引き受けいただき、スムーズに会が始められました。(ありがとうございました。)



講演内容は、「医療崩壊って何」というタイトルで里が喋らせて頂き、引き続き、現在作成中の映画「今、ここであなたが倒れたら」の予告編を見て頂きました。

小休憩の後、柏原病院小児科 和久祥三先生による「全国が注目する丹波の市民運動 丹波市民ができること」と題して1時間のご講演を頂きました。



和久先生のご講演内容は、丹波市における医療崩壊そのものの歴史であり、再生を模索する柏原病院小児科の記録でした。

講演後半部分は、小田和正さんの歌にあわせた、スライド形式の発表で、私、少し泣いてしまいました。

その直後に柏原病院小児科を守る会さんより和久先生にサプライズプレゼントが!

お子さんを診てもらったお母さん達からの感謝メッセージを満載したアルバムでした。


最後に丹波町づくりプロジェクト代表 赤井さんによる座談会を開催致しました。

2つのグループに分かれて自己紹介から始まり、ご意見を賜りました。

参加されている方の意識の高さは、かなりのものでした。


少し時間的には長い講演会になったのですが、その時間を感じさせない有意義な会になったと思っています。

これも、みなさまが参加して頂き、真剣に取り組んで頂いたからだとおもっています。


最後になりましたが、今回の講演会のために、保育サービスをご提供いただきましたTプラスさんと受付、お茶係を担当下さいました柏原病院小児科を守る会のみなさまに深謝致します。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お疲れ様でした

この講演会はとても良かったと思います
4/12までに 私も
講演会の事をまわりには話しましたが
その方の中には
対話式という事に
かなり関心高い方もおられましたよ


でも 店があるから行けないとか
仕事で行けないと
言ってた方も 結構
いたんで 今後も
このような講演会は続いて欲しいけど
行きたくても行けない方へのフォローがあれば 今後 更に
いい講演会になると思いますよ




プロフィール

丹波医療再生ネットワークメンバー

Author:丹波医療再生ネットワークメンバー

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
お知らせ
コメント掲載を認証制とさせていただいてます。 掲載までに時間がかかる場合があります。 ご了承ください。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のエントリ
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。